アレグラの効果と副作用まとめ

“アレグラ”とは、
ヒスタミンという物質をブロックして、
アレルギーを抑える薬です。

具体的には次のような症状に効果を発揮します。

花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまり
ダニやハウスダストによる鼻炎、じんましん、湿疹、かゆみ
アトピー性皮膚炎

効き始めまでの時間が1~2時間と比較的短く、
効果の持続時間が8~9時間と長い薬です。

他の薬と比べると眠くなりにくいのも特徴。

さまざまなアレルギーによるトラブルを
改善するアレグラですが、

副作用もいくつか挙げられます。

服用前にチェックしておきましょう。

  • 頭痛
  • 目まい
  • 吐き気
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 口の渇き
  • 腹痛
  • 発疹
  • じんましん

この中で特に多いのは頭痛や吐き気。

起こる確率は非常にまれですが、
呼吸困難、血圧低下、肝機能障害なども
副作用として挙げられます。

こういった副作用を起こさないためにも
用法用量を守ることが大切です。

成人、また12歳以上の子供は
60㎎を1日2回。

7歳以上11歳以下の子供は
30㎎を1日2回。

水、またはぬるま湯で服用します。

他の薬を服用している人、
妊娠中の人は独断での服用は避けましょう。

正しく服用して
トラブルのないようにアレルギー症状を緩和しましょう!

アレグラ 通販