ケアプロストに危険な副作用はあるの…?

“ケアプロスト”という医薬品をご存知ですか?

  • まつ毛を伸ばす
  • まつ毛を太くする
  • まつ毛もボリュームをアップさせる

などの効果があることで知られています。

もともとは目の治療に使われていたものですが、
その副作用でまつ毛が伸びたことから
現在ではまつ毛の育毛剤としても使われています。

そんなケアプロストに「副作用はないの?」
と疑問に思う人も多いようです。

まつ毛の生え際に塗りますから、
「目に入ったら…」と心配になりますよね。

ケアプロストの副作用には、確かに
目に入った時の充血や痒みなどが挙げられます。

ですが先にも述べたように、
もともとは治療薬の一種ですから、
目に入ってもすぐに洗い流せば
大きな副作用に繋がることはないと考えられます。

目に入った時よりも、
注意したいのが“皮膚についたとき”です。

ケアプロストは色素沈着を起こす可能性が高く、
皮膚にシミや黒ずみができることがあります。

また、まぶたがくぼむ、などの副作用も。

できれば専用のブラシ(アプリケーター)を使って
慎重に塗り、
皮膚についた場合はすぐに洗い流すようにしましょう。

アプリケーターは通販サイトで
ケアプロストとセットで販売しています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ケアプロスト 通販