二週続けて台風が接近したことについて思うこと

今週の日曜日は、台風22号の接近にともない朝から本降りの雨が降り、その後、午後から翌日の朝にかけて荒れた天気が続きました。

そして、先週の衆院選があった日曜日も、台風21号が上陸して、日曜の朝から翌日の朝まで今週と全く同じような荒れた天候が続き、どこか不思議な感じが湧いてきます・・・。

思い返すと、このところ週末に雨が降ることが多いような気がします。

また、週末の同じ時間帯に似たような天候になったと言えば、今から3年程前の2月初旬に、南岸低気圧が一週間おきに二度にわたって東京湾に接近したことを思い起こします。

土曜の夜から次の日の朝にかけて雪が降り積もり、日本各地で記録的な大雪に見舞われたのです。

その時は、半日がかりで雪かきをしてほっとしたところにまた降ったので、今でもその時のことが強く印象に残っているのです。

このように、同じ曜日の同じ時間帯、そして同じような積雪量があったのですから、“やはり天候は、天体運動に大きく関わっているんだな~”と思わずにはいられませんでした。

「暦」って誰が作ったのか分かりませんが、本当によくできたものだ、と感心させられます・・・。

私は週末に買い物や旅行、スポーツをすることが多いので、週末になると必ずと言っていいほど雨が降るパターンはもうーウンザリです・・・。

もうすぐ私の大嫌いな寒~い冬が来るので、外出しやすい今の時季の週末に晴れて欲しいと、願うばかりであります。

週間天気予報を見ると、来週の日曜日に小さい晴れマークが付いているので、今週は少し期待したいと思います。

激安おせちならこちら